ホーム > HVAFとは【有限会社エスエスシー】

HVAFとは【有限会社エスエスシー】

溶射とは

端的にいえば、材料を溶融もしくは軟化させ、粒子として衝突堆積させ皮膜として生成させる表面処理技術の1つです。

高速フレーム溶射の特徴

高速フレーム溶射(HVOF,HVAF)とは、炭化水素系のガスもしくは液体と酸素乃至は圧縮空気を燃料としてチャンバー内で燃焼させ、発生した高温高圧のガス流れに粉末を投入、粒子を加速加熱させ対象材に衝突堆積させて皮膜を形成する溶射法です。

フレーム溶射やプラズマ溶射と比較すると高密着力・材料変質の少なさが主な特徴です。

HVOFとHVAFの差異について

両者共に基本的な概念・方向性は同じであるといえますが、燃焼剤として、酸素を用いる方法をHVOF(High Velocity Oxygen Fuel)、圧縮空気を用いる方法をHVAF(High Velocity Air Fuel)と呼ばれています。

圧縮空気を使用することにより、HVAFはHVOFよりも燃焼温度が500~1000K程低く1600~2000K辺りとなります。それ故に、材料の融点以上に不必要に加熱することを抑制できるので、材料の変質を少なくすることが可能となります。

HVAF使用のメリット

上で述べたように、HVOFよりも燃焼温度が低いので、耐摩耗性を主目的としたサーメット(WC系)材料を溶射するのであれば、HVOFでは通常発生するW2Cなどの副生成物が発生しません。

金属材料なら、燃焼温度が低いので粒子の酸化や変質をできるだけ抑えた皮膜を作製できます。

エスエスシー

写真はWC-12Co溶射皮膜の断面です。

有限会社エスエスシー

組合員名 有限会社エスエスシー
代表者名 三谷興司
住所 〒720-0202 広島県福山市鞆町後地26−216
TEL 084-983-5211
FAX 084-983-5674
Email info@ssc-hvaf.co.jp
営業時間 午前9時~午後6時
休業日 土日祝日、盆、年末年始
Webサイト HVAF溶射のエスエスシー(Solid Surface Coatings)
0